研究開発概念図 | トピックス & 今後の予定 | 問い合わせ・連絡先

 経済産業省の委託事業「エネルギー使用合理化国際標準化推進事業(省エネルギー等国際標準共同研究開発・普及基盤構築/省エネルギー等国際標準共同研究開発)」において、一般財団法人マイクロマシンセンターと技術研究組合NMEMS技術研究機構が共同で提案した「グリーンセンサ・ネットワークシステムのセンサ及びプラットフォームのインタフェース等に関する国際標準化」の研究テーマが採択されました(開発期間:2016年度~2018年度の3年間)。
 
 スマートセンサと端末モジュール間または自立電源と端末モジュール間のソフト的な接続法については標準が存在しないため、センサメーカーをはじめ端末メーカーやシステムインテグレータ等が製品開発・システム開発の都度、相当な時間・費用掛けて独自のインタフェース作製を行わざるを得ない場合が多く、大きな開発負担となっています。インタフェース部分を標準化</b>することで、開発期間短縮による効率化、開発費用の削減が図れ、メーカー等の開発負担も軽減され、高品質な製品・システムが迅速かつ大量安価に市場に供給されることが期待できます。また、当該ビジネスへの参入者増大によりスマートセンシング&ネットワーク産業の更なる発展・拡大</b>を見込むことができます。
 
 このような要請から、マイクロマシンセンターとNMEMS技術研究機構は、2011年から2014年に行われましたグリーンセンサ・ネットワークシステム技術開発プロジェクトの成果を活用したスマートセンシング・インタフェースの国際標準化について、それぞれ国際標準化原案作成および原案作成のための研究開発を主に担当し、連携しながら取り組んでいきます。
 
 さらに事業推進に当たっては、株式会社エヌ・ティー・ティー・データ、オムロン株式会社、セイコーインスツル株式会社、株式会社日立製作所、富士電機株式会社、三菱電機株式会社、ローム株式会社、東京大学、産業技術総合研究所、および一般財団法人次世代センサ協議会の産学10機関の参加協力を得ることになっています。関係者の方々のご支援・ご協力をお願いいたします。

2016年4月 一般財団法人マイクロマシンセンター
技術研究組合NMEMS技術研究機構

  
研究開発の概念図

 本事業では、SSI規格の構成要素となるスマートセンサ及び自立電源のスペック表示法、スマートセンサが備えるべきハード的要件であるインタフェース仕様等の国際規格原案を作成し、事業期間内にIEC等へ新規提案を実施します。並行して、規格の有効性や技術的裏付け等の検証を行うため、標準的センサドライバや本ドライバを組み込んだ端末モジュール等の試作や接続評価等を実施する。SSI規格の国際標準化により、開発期間の短縮や費用低減に加え、自立電源で駆動する高品質なセンサネットワークシステムの普及を促進する事で、工場・店舗・オフィス等での省エネルギー化に貢献します。

  
トピックス & 今後の予定

  トピックス

  今後の予定
   
問い合わせ・連絡先
本研究開発に関するお問い合わせ・ご連絡先は以下の通りです。
一般財団法人マイクロマシンセンター 調査研究・標準部
  〒101-0026
  東京都千代田区神田佐久間河岸67 MBRビル6F
              → アクセス (pdf)
  TEL:03-5835-1870
  FAX:03-5835-1873
  URL: http://www.mmc.or.jp/



©2011 NMEMS技術研究機構 All Rights Reserved.