血中成分の非侵襲連続超高感度計測デバイス及び行動変容促進システム(BaMBI)の研究開発 2019-2021
 
 
トピックス (研究会等) | 外部発表・プレゼン資料等 | 問い合わせ

 NEDO委託事業「IoT社会実現のための超微小量センシング技術開発」の下で、一般財団法人マイクロマシンセンター、株式会社タニタ、公立大学法人富山県立大学、国立大学法人電気通信大学の産学連携チームが提案した「血中成分の非侵襲連続超高感度計測デバイスおよび行動変容促進システムの研究開発」が始動します。

 本事業の実施期間は2019年から3年でステージゲートを経てその後2年、計5年間のとし、日本が強みを有する最先端のナノテクノロジーやバイオテクノロジーをイノベーションの起点として、既存の超高精度計測・分析装置以外の装置では検出できないような超微小量を、小型・軽量、省エネルギーでありながら低コストで安定的に検出できる技術を世界に先駆けて開発します。これにより、生活習慣病の予兆検知やウイルス感染の拡大防止、防災・減災による安全・安心な街づくりに貢献するための新たなサービスの創出を目指します。
 

産学連携研究コンソーシアム



 血中成分の非侵襲連続超高感度計測デバイスおよび行動変容促進システムの研究開発においては、非侵襲う常時ウェアラブルモニタリングとして、中赤外や遠赤外の波長領域で血中成分を高感度に検出する技術に取り組みます。最終的には生活習慣病をお抑えるべく行動変容促進システムに繫げます。



   
トピックス (研究会活動・イベント等)

  トピックス
外部発表・プレゼン資料等

現在、資料はありません

  
問い合わせ・連絡先

一般財団法人マイクロマシンセンター
〒101-0026
 東京都千代田区神田佐久間河岸67
 MBR99ビル6F

  TEL:03-5835-1870
  FAX:03-5835-1873
  URL:http://www.mmc.or.jp/


トップ | 研究アウトライン | 研究体制 | ご挨拶 | 研究員専用

一般財団法人マイクロマシンセンター
Copyright © Micromachine Center. All rights reserved.